« 共産党員首長 | トップページ | 京築母親大会  »

2011年10月31日 (月)

F15戦闘機&ブルーインパルス

10月7日に発生したF15の機外タンク落下事故のため、これまで飛行せず静かな築城基地でした。しかし、今日からF15が飛んでいます。ブルーインパルスも、超低空の宙返りなどですさまじい爆音をまきちらしています。

F15の飛行訓練の連絡は、10月28日行橋市に来て、すぐに議会に連絡をしてきたのは午後3時過ぎです。金曜日のこの時刻では、何の手も打つことができません。しかも28日の航空幕僚監部の文書には「F15が配備されている基地周辺の自治体に御理解を得るべく御説明のうえ、飛行訓練の再開をしたいとかんがえています」と書かれているのです。納得できる説明もないまま、市民には落下の不安を持たせたままで、有無を言わせず強行する。これは民主主義ではありません。もともと自衛隊には「民主主義」はないのでしょうが。

8月に行われた行橋の祭りの際も、まつりこすもっぺの舞台と放送設備を使って、ブルーインパルスのPRを基地司令はおこないました。9月議会では、私の質問に対し市長は「心外でした。基地に強く申し入れる」と述べています。

あまりにも市や市民をないがしろにする、築城基地の最近の強硬姿勢は、危険性をはらんでいます。注意をしていかなければならないと思います。

「01b_0023.jpg」をダウンロード

                     

« 共産党員首長 | トップページ | 京築母親大会  »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: F15戦闘機&ブルーインパルス:

« 共産党員首長 | トップページ | 京築母親大会  »

  • Photo
  • Photo
  • 2016_8
  • Photo
  • 2016_6_13
  • Photo
  • 2016_5_25_6
  • 2016_5_25_5
  • 2016_5_25_7
  • Photo
  • Photo
  • Photo

ブログパーツ

フォト
無料ブログはココログ