« ふれあいの家 夏祭り | トップページ | 「憲法改正を求める意見書」が採択!!平和のためにさらに力を合わせましょう »

2014年9月18日 (木)

「憲法改正を求める意見書」案が提出されました 

改憲・右翼団体の「日本会議地方議員連盟」の小坪議員から、9月議会に「憲法改正を求める意見書」(案)が提出されました。 賛成者:吉永直 城戸好光 沢田保夫 諫山直 村岡賢保(敬称略)> 
 この意見書(案)文は、「現行憲法の不備や問題点が浮上した。したがって憲法審査会で憲法改正案を策定し、国民投票を出来るようにせよ」と言う内容で、どう改正すべきかという具体的な内容はありません。これまで自衛隊員の命をも守ってきた平和憲法9条を破棄し「戦争する国づくり」のためだけの「改正」でしかありません。これは、日本会議の主張そのものです。安倍政権の執拗な軍国主義復活の野望を応援するために、今回の「憲法改正を求める意見書」(案)提出のねらいがあります。
 この意見書が採択されるならば、「戦争する国」になる事を行橋市民が白紙委任した事になってしまいます。
 「戦争反対」「平和憲法を守れ」の願いを踏みにじるこの意見書の採択を許さないために、市民の皆さまのご協力を呼びかけます。知り合いの議員の方に「意見書に賛成しないように」とお話してください。議会の傍聴(9月24日:午後の予定)にもぜひご参加ください。
 本日は、市民の皆さんへの「お知らせとよびかけ」のチラシを、行橋市内の3駅で一斉に配布しました。

Photo

« ふれあいの家 夏祭り | トップページ | 「憲法改正を求める意見書」が採択!!平和のためにさらに力を合わせましょう »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「憲法改正を求める意見書」案が提出されました :

« ふれあいの家 夏祭り | トップページ | 「憲法改正を求める意見書」が採択!!平和のためにさらに力を合わせましょう »

ブログパーツ