« 熊本に救援物資を持って行きました | トップページ | 議員への提起 »

2016年5月31日 (火)

福岡県警に行きました

 行橋市民会館を取り壊し、その跡に行橋警察署を建設する事を、2月~3月議会にかけて、唐突に行橋市は発表しました。警察署の建物がどのようなものなのか、どう建設するのか、低地で冠水する事の心配など、さまざまな疑問がありましたが、行橋市はまったく、それに答えてきませんでした。
 これらの疑問を、直接県警に聞きに行ってきました。行橋の2名、苅田町、みやこ町の計4名の共産党の議員でです。
 県警の担当の方は、私たちの質問に丁寧に答えてくれました。しかし、行橋市民のこと、市民が心配している事などについては、十分に把握していないと感じました。
 行橋市民の財産である市役所の一部の土地を、市民に何の相談もなく、もちろん議会にも十分納得させる説明もなく、県警に渡す事。行橋市・市長の態度は、やはり容認できないと改めて思います。
 行政のあり方は、「市民と共に」「市民の意見を尊重する」、この態度を貫くべきです。

Photo

県庁から議会棟へ行く途中の窓ガラスに、ハトがぶつかったと思われる跡がありました。あたかも、白い粉で絵を描いたような状態です。

« 熊本に救援物資を持って行きました | トップページ | 議員への提起 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1587590/65775677

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡県警に行きました:

« 熊本に救援物資を持って行きました | トップページ | 議員への提起 »

  • Photo

ブログパーツ